高橋歯科医院

  • HOME
  • 高橋歯科医院

虫歯や歯周病といったお口の中のトラブルの診療を行います

虫歯や歯周病

お口にいつもとは違う様子が見受けられた時には、お早めにご相談ください。当院では、疾患などによる痛みをとるだけでなく、咬み合わせなどのチェックも含め、お口全体の様子や全身のバランスを総合的な見地から考慮して治療をしていきます。

虫歯の治療
歯は放っておいても、自然治癒は見込めません。早期発見・早期治療が大切です。早めに受診しましょう。

咬合の回復
失った歯を補う、義歯や被せ物による補綴(ほてつ)は重要です。審美的な面だけでなく、奥歯の噛み合わせの維持による口腔機能の維持は全身にも影響する大切なことです。

口臭治療・審美治療相談
口臭治療はその原因から探る、本田式口臭治療の提携医院です。ホワイトニングをはじめとする審美治療相談も行っております。

歯周病治療
適切なブラッシングでプラークを取り除くことが大事です。自分に合ったブラッシング法を会得し、自分なりの口腔ケアを身に付けてください。専門的な口腔清掃を受けることも有効な手段です。

▲ページTOPへ戻る

診療案内

子どもから大人まで矯正治療

患者様一人一人にとって最善の治療を
虫歯や歯周病の治療、お口の健康管理など、お口の中全体をとらえた幅広い診療を行います。年齢や体の変化はもちろん、体質や生活習慣によってもお口の状態は異なります。虫歯・歯周病のない健康なお口を取り戻していただくために、患者様一人一人に合わせた治療が大切です。また、いつまでもお口が健康であるように、治療後のメンテナンス、衛生指導も行っております。治療に際しては、基本的に痛みの伴わない治療を原則としていますので、お気軽にご相談ください。

健康な歯を守りましょう!
悪くなった歯を治すことも大切ですが、肝心なのは普段の生活から予防を心掛けることです。
当院では、普段の歯磨きでは届かないプラーク(歯垢)のクリーニングを勧めております。PMTCといいますが、定期的なメンテナンスは虫歯や歯周病の予防に有効です。
また、高齢社会の中でお年寄りの口の中の病気は見落とされがちです。
口臭対策、入れ歯などの管理をしっかり行うことによって食べ物をおいしく食べられ、いつまでも健康であり続けられます。「痛いから」ではなく「痛くならないため」に、普段の生活から「予防」の意識を高めましょう。

▲ページTOPへ戻る

診療時間

診療時間
9:00~13:00
13:30~18:00

お問い合わせ・ご予約

TEL 022-222-8539

24時間ネット予約は
こちら

▲ページTOPへ戻る

歯周病治療

子どもから大人まで矯正治療

歯周病は、大切な歯を失う原因のひとつです

歯周病とは歯茎や歯肉の病気だと思っておられる方が非常に多いのが現実ですが、実際に歯周病とは、歯を支える大切な骨が破壊されていく自覚症状のない恐ろしい病気です。
歯を失う原因で最も多いのは実は虫歯ではなく、歯周病なのです。まずはご自身の歯周病の状態をあらゆる角度から知ることが大切です。

このような症状はありませんか?

・歯を磨く時に、歯ぐきから出血がある
・口の中がネバネバする
・口臭が気になる
・歯ぐきが腫れる
・歯がグラグラする

正しいブラッシングは歯周病予防にとって大切です

歯周病の予防には、テレビCMでもございますとおり、プラークコントロール、つまりプラークを確実に取り除くことが最も大切です。その方法として正しいブラッシングをすること。
「私はきちんと毎日ブラッシングをしているのに・・・なんで?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

成人の実に約80%が歯周病という統計もありますが、その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。それではブラッシングをしているにも関わらず、なぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか?その最大の理由は、きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状だからです。つまり「磨いてる」ということと「磨けている」ということは、見た目は同じでも結果は全く違うということです。多くの方は、いわば自己流でブラッシングを行っており、きちんとは磨けていなくても自分では磨けているつもりになっているといえます。たかが歯ブラシ、されど歯ブラシなのです。ですから、気軽に相談できる歯科医師を見つけ、ご自分に合ったブラッシングの方法を教えてもらい、それを続けていくことで、自然にきちんと磨けることにつながっていくわけです。また、歯ブラシでは磨けていないところは歯間ブラシやデンタルフロス、部分磨き用の歯ブラシなどの補助器具も併用することが大切です。

歯周病と全身疾患の関係

歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身と関係しています。
口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産など)を引き起こすことが知られ、医科でも問題になってきています。
歯周病をたかがお口の病気とあなどってはいけません。
歯周病の人が心臓病になる確率は健常者の2~3倍にもなるといわれています。

▲ページTOPへ戻る

当院の歯周病治療

丁寧な歯石除去~スケーリング~
超音波スケーラーといわれるマイクロ振動と水圧により、歯面や歯根面に付着している歯石とともにバイオフィルムの除去を行います。

歯周病治療の基本

~ルートプレーニング(SRP)~
ルートプレーニングとは、スケーリングによって、歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去した後に、歯根面を硬くなめらかな面に仕上げることをいいます。歯の表面が滑らかになることで、歯根部に歯石がつきにくくなり、さらなる歯周病や虫歯の予防にもなります。

▲ページTOPへ戻る

当院の特徴

当院の特徴

院内ラボによる高精度の技工物を提供しております
歯科医師とともに歯の健康を担っているのが歯科技工士です。
歯科医師と歯科技工士が綿密な連携をとることで、お口の状態や歯の色・かみ合わせなど、患者様に最適な治療を行います。
院内に歯科技工士が常駐していますので患者様のご希望を即座に伺い対応致しますので、かゆいところに手が届くような細かな調整を行います。
近年は、噛む能力や歯の健康は全身の健康に影響するといわれ、歯並びや歯の色など審美的要求も増えています。

削らない・金属を使わない治療
昔は詰め物自体の強度も弱く、接着強度も弱かったため奥歯では敬遠されていた材料でしたが近年の材料の目まぐるしい進化によって治療可能なケースも格段に増えてきました。
当院が治療に用いているコンポジットレジン(CR)はプラスチックでできているため金属アレルギーの心配もなく、審美性にも優れています。
さらに、合成樹脂と微細なセラミック粉でできたハイテクな歯科材料で専用のレジン接着材を塗り、CRを直接歯に詰め、特殊な光で固める方法で、ここ数年特にレジン接着材が進歩し注目されています。
コンポジットレジンは「歯に対して最小限の削る量で治療可能」というメリットもあるので、当院ではできる限りこのコンポジットレジンでの治療を行っています。

▲ページTOPへ戻る